手帳の使い方

毎年、年の初めは、今年こそ手帳を使いこなしたい!と思い、
一生懸命書き込むのですが、持って半年、早いと三ヶ月くらいで
手帳の余白が目立ってきます。

そこで、今年は、主人と一緒に取り決めをしました。

ある本の受け売りなのですが、毎週ごとにテーマを決めるのです。

例えば「今週は筋トレに力を入れる」とか
「デスク周りを整理する」とか何でもいいのです。

そして、そのテーマに沿って、その一週間を過ごすのです。

でも、これはノルマではありませんから、出来なくてもOKなのです。

忙しいと、後回しになってしまったりすることもあります。

ですが、テーマを先に決めておくことで、その内容が脳にインプットされるので
ちょっとしたところに意識が留まります。

すると、ちょっとした隙間時間で、そのテーマについて
今のうちに少しだけやっておこうかな、とか思ったりするのです。

寝る前にちょっとだけ腹筋をしたり、
仕事が一段落したタイミングで手元のゴミだけ捨てるとか、
隙間時間を上手に有効活用できるようになりました。

今年が始まって、まだ少しですが、あまり力まずに
マイペースに継続していけたらと思います。

さつまいもはるかと紫芋を焼き芋にしました

沖縄に行くと、紫芋のお菓子がたくさん売っています。

紫芋タルト、紫芋チップ、紫芋ちんすこう、色鮮やかなお菓子ばかりです。
私は紫芋のお菓子が大好きですが、お菓子ではない、生の紫芋はあまり見かけません。
紫芋の焼き芋も見かけません。
生産量が少ないのか、甘くないからお菓子にするしかないのだろうかと思っていました。

しかし、先日、地元の市場で、生の紫芋が売っていました。
蒸かしてもおいしいと書いてありました。
お値段もそれほど高くありませんでした。
せっかく地元でとれたものですし、買ってみることにしました。
そばに、「はるか」や「シルク」といったさつまいももありましたが、聞いたことがないさつまいもだったので、買わずに帰りました。

帰宅して、インターネットで、「はるか さつまいも」で検索すると、紅はるかがヒットしました。
紅はるかは安納芋より甘いと噂のさつまいもなので、欲しくなり、翌日、市場ではるかも買いました。

週末に、はるかと紫芋の焼き芋を作って、食べ比べました。
紫芋は中身が本当に紫で、皮も紫で、皮と中身の区別がつきませんでした。
はるかは普通のさつまいもと同じ色です。
食べてみると、紫芋も十分甘かったです。
はるかももちろん甘かったです。
両方ともしっとりしていて、筋もなく、スイートポテトのようで満足しました。

明日は

諸手続きのために2駅となりのハローワークへいってきます。

いつもなら子どもも連れて電車でいくのですが、時間がかかりそうなので明日は実家にあずけていくことにしました。

実家では私のおばあちゃんがいつも子どもの面倒をみてくれます。

そして明日おばあちゃんは私が住んでいるところからわりと近い所の病院にインフルエンザの予防注射にいくといっていたので、
その帰りに一緒に実家にいくことにしました。

おばあちゃんが行く病院で私の子どもに予防接種をさせようと考えているので、
おばあちゃんをお迎えにいくついでに予防接種の相談と予約をしてこようと思います。

そして仲良くバスで実家に帰って、
子どもは落ち着いたら私はハローワークにいこうと思います。

それが終わったら古本を売りに行って、その後に前に働いていた職場があるので
そこにちょっと顔をだしてからかえってこようと思います。

最近ずっと子どもと一緒にいたのでちょっとしたリフレッシュもかねれたらと思います。

駅ビルなんかものぞいてこようかなんて考えています。

子どものこともあるのでほどほどにしないとですね。

初 ロッククライミング

初!ロッククライミングに挑戦です!
今までずっと興味があったものの、なかなかチャレンジする機会がなかったんですが、とうとう行ってきました^ ^!!
私がチャレンジしたのは室内にあるクライミング施設です。

今は結構レジャー施設にもたくさんありますよね^ ^
それの本格的な何コースもある所に行ってきました!
たくさんの壁(コース)が聳え立ち、とってもワクワク( ´ ▽ ` )ノ!
まずは安全ベルトとハーネスをつけ、靴を履いてスタート!
(ロッククライミング様の靴はとっても小さく作ってあり、つま先が曲がる位がちょうどいいんだとか)
もちろん最初は初心者コース!
小学生でも登れるコースですと言われ、これは恥かけないと、躍起になって登りました笑
しかし、以外と大変!!
普段指先や、腕などの使ってない筋肉達が悲鳴を上げました(T_T)笑
なんとか上までは辿り着いたものの、くたくた笑
でも達成感がとってもあって凄く楽しかったです^ ^
次は筋トレしてもっと上級コースに挑戦したいです!

ONSAYAカフェ

岡山問屋街は、カフェ街として多くの若者が行き交うスポットとして有名です。

昨年オープンしたONSoAYAカフェに、とある男性ととある女性とで行きました。

本日のコーヒーとチョコレートマフィンを私は注文しました。

このマフィンのサクサクとした食感はクッキーにも似てるしもっと食べたいと思うくらいです。

本日のコーヒーは300円で薄く酸味の効いた味であり、コーヒーも抽出する機械とか豆がこのお店独自として有名です。

アップルパイとかフレンチトースト、ニューヨークチーズケーキも有名で半セルフスタイルですね。

テイクアウトも出来るし奥の方でゆっくりイートインもできます。
しかも夜遅くまで空いているのでかなり便利なカフェ。

他にオススメニューは、オンサヤバーガーです。

オーガニックトマト入りでハンバーグとのシンプルさがベストな感じです。

たっぷり野菜のラザニア風なクロックムッシュ。

ふわふわの食パンに野菜たっぷりラタトゥイユとペシャメルソースやチーズをサンドしたラザニア風のサンドで確かにうまいです。

期間限定メニューもあり、今後もここのお店から目が離せません。

カラス

燃えるごみの日になると、必ず朝からカラスが来ています。
生ごみの臭いがわかるのか、ごみ袋をつついてあさっているカラスも少なくありません。

私は実家のすぐ近くがお寺と墓地で、子供の頃からカラスが近くにいる環境でした。
お葬式があると、必ずカラスがやってきます。
お墓のお供え物を食べに来るのです。
お彼岸やお盆の時もカラスの大群が来ています。

そんな環境が嫌になる時もありました。
常にカラスがいて、時には集会並みに集まっている時もありました。
不気味だし気持ち悪いなと思いつつも、仲間のカラスが死んだ時は皆で弔いのように鳴いていました。

カラスは頭がいいのか、道路にくるみなどを置いて車が踏んでいくのを待ち、割れたものをササッとくわえて逃げていきます。
悪知恵もありそうです。

決してカラスが好きな訳ではありませんが、頭を使いながら生きているカラスはたくましくも感じます。
人間も負けずにたくましく生きていかないとです。

インターネット社会

今若い人がネットの中で、
4大を卒業し、新卒入社で働き、20代そこそこで結婚して家庭を築くことが「普通」なのであればそれはとんでもなくハードルが高すぎる。

ということを主張しているらしい。

確かに昔は大学は出ていなくとも、就職し、自分の親なんかもそれから30年以上同じ会社で働き続けて3人の子供と母を養っている。

私が思うに問題なのは、結婚できないことや、就職できないこと、ではなく。
それが普通だということを他人と共有し、仲間意識を得て「自分だけじゃなかった、よかった」という感情で落ち着いてしまっていることだと思う。

切磋琢磨とかけ離れて、マイナスの部分を共有し安堵するのは傷の舐め合いでしかない。

インターネットが主流となる時代、便利であり、その裏側には個人情報の流出やSNSでいじめさえ起こる。
またそれとは別に今回のような、マイナスの心情の共有も問題であると私は思う。

今日は休みで幼稚園の夕涼み会でした。

今日は休みで幼稚園の夕涼み会でした。
夕涼み会というのは、簡単に言ったら幼稚園の盆踊り版みたいので、園児らが浴衣で輪になってドラえもん音頭などで踊るところを観に行くみたいな感じの会です。

もう、一番下の子も来年小学生になるのでこれで見納めです。

午後4時頃から始まるんですが、始まった時は、かなり暑くて全然夕涼み的ではなかった感じでしたが終わる頃にはだいぶ涼しくなり、風もあったので夕涼み会らしくなりました。

車を幼稚園の近くの公園の有料駐車場に置いたんですが、公園で少し子供らと遊んで帰ったら、駐車場代が500円でした。
普段飯代をケチっている私には痛い出費でした。

さらに帰りに発泡酒を買うためにセブンイレブンによったんですが、おでんが安く期間限定で70円均一だったので、おでんも買ってしまいました。

結局今日は2500円位の出費になりました。

また明日から0円生活の始まりです。

子供のクリスマスプレゼント大苦戦

我が家の2歳と4歳の2人息子。昨年までは2人共「クリスマス」の意味が理解できておらず雰囲気を感じるくらいでした。しかしながら今年はそうはいかず・・・。長男のプレゼントに大苦戦中です。
長男は幼稚園に行きすっかりクリスマスを理解できるようになり、「サンタさんにもらう!」と毎日楽しみにしています。
この長男、好きなものや欲しいものがすべて過去に放映されていたヒーローものばかりなのです。
プレゼントするにも店頭にはどこにも販売されていません。今は長男が誕生していた頃に放映されていた「トミカヒーロー」が今の一番のお気に入りです。
オークションやらリサイクルショップやら回りましたが息子が一番欲しいものが売っておらず、ネットで探すもプレミアがついており3万円代・・・。中古はすべて欠陥あり。
今年のクリスマスまであと数日我が家のサンタさんは毎日のようにあちこちの古くからやっているような玩具屋さんなど探し歩いています。サンタさんならぬ神さま!本当にいるのであれば我が家に力を貸してくださ~い!

おじいちゃんは八百屋さん

日々、節約をしながら生活をしている中で、1番私の腕が試される節約は食費です。

毎週決まった曜日に、決まったスーパーで限られた金額で購入。

一週間ごとにやりくりをして、食費を抑えています。

そんな我が家の野菜室を潤してくれているのは、私のおじいちゃん。

祖父宅では、三年間程前から祖父が趣味で家庭菜園を始めています。

最初は大葉などの葉物から、今は、きゅうり、茄子、ゴーヤ、トマトなどなど。

最近スーパーで値段の上がっている野菜を、次々と育てています。

毎週買い物帰りに、分けてもらいに行くのですが、この野菜が美味しい美味しい。

無農薬かつ、とれたての野菜をくれるので、妊婦の私には嬉しい野菜。

家庭菜園は大変なイメージがありますが、家計の為や気晴らし、趣味にはかなり良いものなのだなぁと思いました。

しかも、祖父の育てる野菜達は、皆100均で買い揃えた野菜種から出来ているので、低コスト!
私も余裕が出来たらやってみようかなぁ、と思います。